メニュー
トップ  >  2012年 マスタークラス  >  2012年 春期講習会





ベッリーニ大劇場の歴史は古く
1693年の大地震によって大被害を受けたカターニャ市に市立歌劇場を創設するという所からはじまり
様々な紆余曲折を経て1890年にオープンしました。大理石の玄関、ベッリーニ歌劇の4作品を描写した天井、赤い内装など、とても豪華な造りの劇場です。1953年前後には、マリア・カラスにより世に広まる事になったベッリーニ作品の復活公演を行った事でも有名ですし、2003年頃より、来日公演も行っています。公立の大規模歌劇場として常設のオーケストラと合唱団を擁し、オペラ公演の他にも、様々な公演を行っています。




2012年3月 国内ではじめての講習会を実施しました。紹介記事
カテゴリートップ
2012年 マスタークラス