メニュー
  ホーム >> 活動ブログ >> ロッシーニテノールとして 世界で活躍する イタリア人テノール来日

活動ブログ

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link ()

feed ロッシーニテノールとして 世界で活躍する イタリア人テノール来日 (2012/7/21 16:44:25)

8月8日

イタリアから、ボッタさんというテノール歌手と共に
浜松町の例の日本酒屋での定例会を行います♪
参加希望の方はメッセージください。

7月29日 8月6日は 大阪で公開レッスンを行います。
8月5日は、コンサートがあります。


こちらも希望される方はメッセージをお待ちしています。








ボッタさんは、ロッシーニを得意とし日本では10年ほど前に
イタリアのコンクールの受賞者披露演奏会を聴いていた故若杉弘さんから
直接のスカウトを受け、新国立劇場での歌唱も行いました。

(当時は、20代前半でもあり、慣れない移動と、
スケジュール的に、体調管理に失敗し、それそのものは失敗したそうですが(笑))

日本での失敗にかかわらず、その後、ロッシーニやベッリーニなどの作品に適切なテノールとして
国際的なオペラ舞台でのキャリアを歩みつづけ、年間100本単位以上のオペラ出演をこなしてきました。

そんな中、世界的に活動する歌手の宿命である
今日は、パリで稽古、明日はボローニャで本番、明後日はスカラで稽古・・
という生活のままでは、家を空けてばかりで、家庭を持つことが困難であり、

家族を持つか、キャリアを歩むかという・・・人気歌手がぶつかる壁に対して、
家族を大切に生きる生粋のナポリっ子らしく

家族を大切に生きていくために、そんな生活から自ら一歩引き、
本当にやりたい演奏活動だけの演奏と、様々な研究活動や教育活動を行う道を
選択したそうです。

現在は、ミラノに住み、
イタリアの某国立音楽院の講師を務め
国内の音楽大学などの講座で講師として招へいされています。
先日は、BSにてリサイタルが再放送されていました。

結婚する彼女も、スカラ座の学校で学んだ歌手(?)で
現在は、音楽ジャーナリストとして活躍しています。

お互いに仕事の中心がミラノなため、ミラノに住んでいますが、
二人ともナポリ出身ということもあり、
将来は、ナポリで家族を大切にいきていけたらいい・・という希望もあるそうです♪

イタリア語とフランス語に堪能で
英語、ドイツ語、さらに日本語もかなり理解し、
レッスンに必要な事は、ほとんど日本語で指導することができます。

レッスンを見学しましたが、この動画は、公開レッスンだから、わかりにくいかもしれないけど

教える事への情熱と、教育心理学の把握も的確で、現地のイタリア人生徒も優秀な歌手が多く
まだ若いのに、なかなかどうして名教授です。私が知るイタリア人歌手の中では
名だたる歌手の先生たちをおいて、講師としてトップかもしれない・・・と思わせるイタリア人です。


そんな彼が、新婚旅行と、関西方面で講習会を実施するために
また月末から来日するので、”東京でも遊ぼうぜ!!!”って事で、
一日、東京での会を設定させました(笑)

今から楽しみです。


イタリア語が話せて、オペラができるってことは、
音楽ができるという前に、世界中に仲間ができるということで
とても素晴らしい



execution time : 0.057 sec